これまでに書いた記事で
サイトの順位を上げるタイトルやhタグの使い方を書いたものがありますが
今回は、サイトの説明(デスクリプション)についてです。



サイトの説明「デスクリプション」とは


デスクリプションとは、検索結果のサイトURL下にある説明文のことです。
metaタグを使って記述します。

デスクリプションは検索結果でサイトを見た人をサイトへ呼び込んだり
見た人にそのサイトがどんなサイトでどのようなことが書かれているのか、
どんな人をターゲットにしているのかなどといった、
「ページの概要」を伝える、サイトの顔のようなものです。

このデスクリプションは正しく書くことにより、サイトを見た人もそうですが
検索エンジンからも高い評価を得られるでしょう。


デスクリプションを書くコツ


デスクリプションは「サイトの説明」「ページの概要」なので
まずサイトのキーワードを入れておくことが大前提です。
ただ、このキーワードの入れ方にも上位表示されるサイト共通のコツがあります。

それは、デスクリプションの先頭、または先頭近くや一行目の中にキーワードを書き入れることです。

検索結果で上位に来るサイトほぼすべてがデスクリプションの一行目にキーワードが記入され
さらに、1位や2位ともなってくるとかなりの高確率で
デスクリプションの一文字目がキーワードとなっています。

つまり、検索エンジンが高く評価しやすいデスクリプションは
「キーワードが先頭に来ているかその近くにあるということです。」

ですが、キーワードの出現数はあまり気にすべきではないでしょう。
上位のサイトは決してキーワードがたくさん入っているわけではなくほんの1回か2回程度です。
関連キーワードも織り交ぜながら重要なキーワードを先頭に持ってくることがベストです。


次にデスクリプションの文字数に注目したところ、長すぎず短すぎずの文字数がいいです。
具体的には、100文字程度です。上位のサイトはそれくらいの文字数でした。
あまり長すぎると検索エンジンから評価を下げられる対象となるので注意しましょう。




デスクリプション(metaタグ)の書き方

デスクリプションやmetaタグの書き方がわからないという方のために書き方についても載せます。

まずmetaタグについてですが、これはサイトのヘッダー部分<head>~~</head>に書き入れます。
このヘッダー部分はサイトの訪問者からは見えないので安心してください。

さて、この<head>内にmetaタグを書き入れます。こんな感じです。



一行目にあった<meta charset>は文字コードを指定するためのものです。
日本語のサイトであれば必ず書く必要があるので<head>のすぐ下に必ず書くようにしましょう。

二行目の<meta name="description" content=" "/>がデスクリプションです。
このcontent=" "のダブルクォーテーション("のこと)の間にサイトの説明を書きましょう。



まとめ


  • デスクリプションとはサイトの説明をする重要なもの

  • デスクリプションに書くキーワードは先頭かその近く

  • キーワードは1回か2回程度書いてあとは関連キーワードも織り交ぜながら100~150文字程度書く






モッピーお友達紹介キャンペーン

今なら最大1300円分のポイントプレゼント!!