内部リンクとは、その名の通り同じドメインの中同士をつなぐリンクのことです。
構造化データは…



内部リンクの種類と構造化データ


実は、内部リンクには種類があります。
それらをうまく使うことでサイトの評価を上げることができるかもしれません。
また、構造化データについても作り方までご紹介していきます。
それでは紹介していきます。




グローバルメニュー

サイトのページをカテゴリごとにまとめたページのことです。
トップページのことも指します。
すべてのページやコンテンツ(記事)にそういったリンクを貼っておきましょう
ユーザーがサイトに興味を持った時に、更にサイトのことを知ってもらう効果があります。
また、ユーザーを目的のサイトへと導きやすくする効果もあります。




記事中(コンテンツ)に関連させて貼る

これは多くの人が使っていますね。
記事の中に以前書いた記事と関連する単語を入れて、内部リンクを貼っておく。
これもやはりサイトの順位を上げるうえで、検索エンジンがクロールしやすくなったり
ユーザーの求める記事が見つかりやすい、ということで、評価は上がるかもしれません。
ただ、以前私が書いた「サイトの掲載順位を上げるにはリンクが大事」という記事に書かれているように、

アンカーテキスト(リンクを貼る文や単語、文字)はリンク先のサイトと関連する単語にする

ようにしておきましょう。検索エンジンはアンカーテキストとその前後も見ています。
こういったところにも気を配りましょう。
それと、検索エンジンはリンクを貼るときに使うaタグの「title属性」も評価の対象にしています。
title属性を使っていない方は、リンクにできるだけ書いておくようにしましょう。

aタグのtitle属性の書き方
<a title="ここにリンク先のページのタイトルや大体の内容を書く" href="URL入力" >




構造化データ

構造化データは、HTMLで書かれた情報が何を意味するのかを
検索エンジンやほかのクローラーに理解できるように
説明したものです。
更にわかりやすく言うと

"人間は紛らわしい言葉でも間違えませんが、ロボットはうまく判別できません(例:Apple 会社?果物? )"

この果物のAppleと会社のAppleを間違えないように(例えです)するために作られたのが
「構造化データ」です。ちょっと内部リンクとは異なります。
あまり必要性を感じませんがいずれ評価の対象になるとGoogleは言っています
今のうちに作っておきましょう。

もっと構造化データを知りたい方はこのサイトがおすすめです。セマンティックウェブ


構造化データの作り方

構造化データは、ツールを使って簡単に作成することができます。

それがこの「構造化データマークアップ支援ツール」です
構造化データマークアップ支援ツール:Google

作り方

  1. ツールにアクセスして、URLを入力し、サイトの種類を選択(URLはトップページでもそうでなくてもOK)


  2. 「タグ付けを開始」をクリック


  3. そうするとウェブページが左側に、右側に文字が表示される。


  4. ウェブページの文字をクリックするとクリックした部分の背景に色が付き、メニューが表示される

  5. 構造化データマークアップ支援ツールその1

  6. クリックした文字を当てはまるメニュー項目をクリックして入れていく


  7. 必要なものを入れ終わったら「HTMLの作成」をクリック。あとはテストのみです


  8. 構造化データのテストツールへアクセス


  9. 先ほど作った構造化データをメモ帳で開いてコピーしてテストツールの「コードスニペット」へ貼り付け

  10. 構造化データのテスト

  11. すると下のような画面が出る場合とでない場合があります。

    構造化データのテスト結果

  12. なんかわからないけどエラーがたくさん出たという方は、下の青い四角で囲われた部分を「"Blog",」などに変更しましょう。

  13. 構造化データのテストエラー時の対応


  14. あとはテストでエラーが出なかったデータをサイトにアップロードしましょう。


これで構造化データは完成です。もし不都合なことがあった方は私の構造化データを載せておきます。

参考にしてみてください。

<!-- Google 構造化データ マークアップ支援ツールが生成した JSON-LD マークアップです。 -->

<script type="application/ld+json">

{
  

"@context" : "http://schema.org",
  

"@type" : "Blog",
  

"name" : "サイトの順位をみんなで上げる会",
  

"datePublished" : "2018-07-30",
  

"Author":"narikyow",

"URL": "http://seo-site-rankup.blog.jp/",

"articleBody" : "サイトの順位を上げる方法を調べて掲載していきます。みなさんのサイトやブログが多くの人に届けられるよう私も頑張りますので、どうぞよろしくお願いします"


}
</script>






サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ





まとめ


  • 「グローバルメニュー」を作っておくと評価が上がる


  • テキスト(コンテンツ内)に関連記事のリンクを作っておくとよい。その際、アンカーテキストも関連語句にする


  • 構造化データも作っておくといい

追記:構造化データに関する説明の"Blog,"以外に書き換え可能な種類についてはこのサイトを参考にしてください。
構造化データとは|すぐ使えるサポート情報(このサイトの最下部をご覧ください。)







モッピー!お金がたまるポイントサイト モッピー!お金がたまるポイントサイト