サイトを作っていくと、どんどん量が増えていき、どこにどんな記事があるのかよくわからなくなってきます。
そこで活躍するのがサイトマップです。
サイトマップは、モノに例えると「地図」や「ガイドブック」のようなものです。
サイトマップがあればそのサイトに来た方にどこにどんなものがあるかをしっかりと伝え、
その人が求める記事に行きつきやすくすることができるようになります。
また、サイトマップは検索エンジンの評価の一部です。
あったほうが断然いいですね。


サイトマップの作り方

サイトマップは、二通り作る必要があります。
ひとつは「サイト訪問者用」つまり、htmlのサイトマップです。
もうひとつは「検索エンジン用」xml形式やRSSフィード、Atomフィード、.txtといったものです。



訪問者用のサイトマップ

まずはhtmlのサイトマップについて説明します。
このhtmlサイトマップは本でいう目次や索引にあたります。
「html形式」なのでサイトマップページを作るということですが、
これを見るのはサイトの訪問者なので見やすくわかりやすいものにするようにしましょう。
見ただけでそこにどんな内容のサイトがあるのか分かれば大丈夫です。
このサイトのhtmlサイトマップはこんな感じです。


このサイトのサイトマップ

ちょっとシンプルすぎる気もしますが、こんなもんでしょう。
これだけでも読者には大体の記事の内容がわかると思います。
こんな感じのhtmlサイトマップにしたい、またはこれをベースにして作りたいという方のために
このサイトマップを作ったhtml(リンクやタイトルは自分で記入)を公開します。
ぜひコピペして作ってみてください。

サイトマップのhtmlベース(クリックで移動したページをコピー)





次に検索エンジン用のサイトマップについてです。
検索エンジン用のサイトマップは、作っただけでは効果はありません。
「Google Search Console」でサイトマップを検索エンジンに送信して初めて効果を発揮することができます。
検索エンジン用のサイトマップには、「xml」や「RSSフィード」「Atomフィード」「txt」といった形式のものがあります。
それぞれの働きに大きな差はほぼないのですが、特徴や制作方法が異なります。






1.xml形式のサイトマップの制作方法と特徴

xml形式のサイトマップは、一度にすべてのサイトを検索エンジンに伝え、クロールさせるのによく使われます。
ですが、その分サイズが大きくなりやすいので、こんな制限もあります。

  • 一つのサイトマップで指定するURLは50000以下

  • ファイルのサイズは圧縮されていない状態で50MB以下


この状態を超えてしまった場合は、サイトマップを分割して「サイトマップインデックスファイル」として一括送信するそうです。
ですので、このxml形式のサイトマップは頻繁にダウンロードすることはあまりありません。
定期的に更新するサイトでは1日最低1回は送信することをGoogleはすすめているそうです。



制作方法

xml形式のサイトマップは、作ろうと思えば「Word」や「Excel」でも作れます。
でも、作り方がわからなかったり、いちいちURLを書くのが面倒という方には、
「サイトマップ自動作成ツール」というものがおすすめです。
サイトマップ自動作成ツールとは、その名の通り
サイトマップを自動で作ってくれる便利なツールです。
URLを入力するだけでOKです。あとは自動的に作ってくれます。
私がいつも使っている自動作成ツールは、

サイトマップを作成-自動生成ツール「sitemap.xml Editor」

です。これは無料で使用できて、サイトマップの作成もすぐに出来上がるのでおすすめです。
また、非常に多くのサイトがこのツールを利用してサイトマップを作成しています。
ただ、どうしても自分の手でxml形式のサイトマップを作りたい場合は、
下のような、Google推奨のファイル形式やソースコードを参考にして作りましょう。
手動で作る場合、こちらのサイトが参考になると思います。

サイトマップ|手動で簡単な作り方|惹句の専門家 宇部和真公式サイト|惹句工房


sitemaps.org - プロトコル


<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″?>
<urlset xmlns=”http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9″>
<url>
<loc>http://www.example.com/foo.html</loc> 
</url>
</urlset>

あと、サイトマップを作成したらアップロードするのを忘れないように注意してくださいね。






2.RSSフィード/Atomフィードのサイトマップ制作方法と特徴
RSSフィードやAtomフィードは、xmlとは全く違った特徴を持っています。
xmlは一度でサイトのすべてのページを検索エンジンに伝えるのですが、
RSSフィードやAtomフィードは、直近の更新したURLのみが検索エンジンに伝えられるため、
xmlに比べると圧倒的に軽いのです。
ですので、新しく作ったページはRSSフィードやAtomフィードで検索エンジンに伝えるのが適しています。
グーグルは、ウェブマスターセントラルブログで、
「xml形式とRSS,Atomフィードのサイトマップ両方を送信しておくことを推奨します。」
といった内容の記述をしています。
なので、これからはフィードも使ってサイトマップを更新することも大事になるでしょう。



制作方法

これの制作方法は、かなり調べたのですが
無料ブログサービスの場合は、手書きになる可能性が高いです。
独自ドメインを取得していて、「Word Press」を使っている方々は、
ワンクリックで作れたりしちゃうのですが、
無料ブログサービスの場合、自動作成ツールが見当たらず、
そういったサービスをしているところも少ない(というかほぼ無い!)ので
手書きになるわけですが、そのソースがよくわからないので、フィード形式のサイトマップが作れませんでした。
本当にすみません。


追記:
無料ブログサービス(livedoorBlog)でのRSS,Atomフィードの作り方がわかりましたので紹介します。
livedoorBlogは、非常に良い無料ブログサービスで、
他の無料ブログサービスよりも無制限でブログを作成することが出来ます。
このlivedoorBlogはRSS,Atomを無料で使うことが出来ます。

フィード(RSS,Atom)サイトマップ作り方


1.自分のサイトを右クリックして、「ページのソースを表示」をクリック

2.そうすると、ずら~っとhtmlが並ぶのですが、その中の<head>から</head>までの間に
<link href="http://seo-site-rankup.blog.jp/index.rdf" title="RSS" type="application/rss+xml" rel="alternate">
のようなhtmlがあるはずです。
この<link~~>の中のhrefに記載されたURLがRSSまたはAtomです。

ほかの<link~~>とRSSなどの見分け方は
typeまたはtitleの"から"の中にRSSまたはAtomと記載されたものがフィードです。

3.そして、このURLをコピーしたら、GoogleSearchConsoleでサイトマップとして送信します。




以上がフィード(RSS,Atom)サイトマップの作り方です。

もしもこのURLが記載されていなかった場合、そのサイトにはフィードが無いかもしれません。
サイトを作ったばかりで、一か月もたっていない場合は作られていないこともありますが、
それ以上の場合、フィードをそのサイトで作るのは少々難しくなると思います。

そういった場合は、ブログサービスを変えることをお勧めします。
このlivedoorBlogは、無料なのに使い勝手がよくて他の無料ブログサービスに比べて圧倒的に良心的です。
ただ、そうもいかないと思うので他社のサイトで対応できるかわかりませんが、
livedoorBlogの「相互RSS」を試してみてください。
これは、サイトの最新記事を自動的に表示して読者に伝えることができるツールを作成するサービスです。
livedoorのアカウントが必要になります。(会員登録は無料です。)


登録方法

1.livedoorのアカウントを作成して、「livedoorBlog」にアクセスします。

2.livedoorBlogの一番下の様々なサービスが書かれている部分にある「相互RSS」をクリック

livedoorBlogのサービス「相互RSS」

3.クリックした先の「今すぐ使ってみる」ボタンをクリック!

4.すると管理画面が出てくるので、その画面にある「新規チャンネル作成」の部分に自分のサイトの名前を入力します。

5.その次に出てくる画面で先ほど入力したサイトのURLを入力します。(フィード追加に●を入れましょう。)

6.これで「相互RSS」への登録は完了となります。





3.txt形式のサイトマップ制作方法と特徴

txt形式(テキストファイル)でサイトマップを作るのは、
この3つの中で最も簡単で分かりやすくてシンプルです。ほんとに簡単です。
txt形式でのサイトマップの特徴は、URLしか書かなくていいことです。
なので、新しい記事のURLをテキストファイルにまとめて送信したり、
検索エンジンにクロールされないページをまとめて送信したりでき、
非常に使い勝手がよく便利です。
ただ、Googleが推奨しているのは主に「xml形式とフィードの形式を両方送信すること」なので、
Googleさんに迷惑をかけてるかもしれませんね。  \( ´∀` )/<googleゴメんね~
あとは、手軽に出来すぎてアップロードするファイルが増えて
ちょっと邪魔に感じることがあるくらいです。
ささっとGoogleに登録したいときに使うといいでしょう。



制作方法

作り方はいたって簡単!

  1. メモ帳(テキストドキュメント)を開く


  2. サイトマップに載せたいページのURLを一行に1つずつ書いていく


  3. txt形式のままアップロードして、Google Search Consoleでサイトマップを送信


  4. 登録されたのを確認して完了


とっても簡単ですね。



まとめ


  • 最低限、サイトマップは訪問者用(html形式)と検索エンジン用(xml、txt、フィードなど)の2つを作る

  • xml、txt、rss、Atomといったサイトマップにはそれぞれ特徴がある

  • サイトマップを作ると検索エンジンからの評価も上がる

  • サイトマップは、できればxmlとフィード(rssやAtom)の両方を作成してアップロードする


これらが、サイトマップ作成の重要な点になります。

フィードのサイトマップの作り方を知ってる方はコメントかメッセージを送ってください!
どうかよろしくお願いします!




モッピー!お金がたまるポイントサイト モッピー!お金がたまるポイントサイト