目次
  1. hタグとは
  2. hタグを使った見出しの重要性と注意点
  3. hタグの使い分けと主な用途
  4. hタグを使うことによる3つのメリット
  5. 評価の高い見出しを作るための3つの要素

みなさんは、「hタグ」を知っていますか?おそらくサイト制作初心者の方は知らないかと思います。
hタグはサイトの順位にも幾分か影響を与えているといわれています。
今回は、そんなhタグについて解説していきたいと思います。

hタグとは

現在、ほとんどのサイトはHTML(HyperText Markup Language)という言語で書かれている
ということは知っていますか?
hタグはこのHTMLの一つです。
hタグは、HTMLの中でも珍しい、数字を入力するだけで文字の大きさを調節できるタグで、
h1、h2、h3…からh6までのhタグがあります。
hタグは強調したい文章などを<h1>強調したい文字</h1>といった具合で囲って使います。

このhタグはほぼすべてのサイトが使っている便利なタグで、
主に見出しやタイトル、強調部分に使われています。

ちなみにhタグの大きさは、大きい順に<h1><h2><h3><h4><h5><h6>となります。


hタグを使った見出しの重要性と注意点

hタグは見出しに使われると書きましたが、
SEO対策をするうえで見出しの文章は重要になってきます。
見出しの文章はサイトに訪れた読者が必ず読むものでもありますが、
クローラーも見出しの文章を読んで、評価します。

つまり、読者もクローラーも見出しを必ず見るわけですからサイトの順位を上げるには、
読み手の興味をそそるような面白い見出しであったり、
クローラーからの評価が高くなるような見出しであることが必要不可欠なのです。

これらのことから、hタグを使った見出しはサイトの順位を上げるためにはhタグを使った
良い見出しを作ることが必要だとわかります。


hタグを使用した見出しの注意点

見出しは、クローラーも読者も必ず見る重要な場所ですが、
だからといって見出しを読者の興味をそそるためにわけのわからないものにしたり、
長々と文章を書いたりするのはやめましょう。
そういったことは、クローラーから評価を下げられる原因になります。
サイトの見出しはあくまでも短く、シンプルに、簡潔なものにするようにしましょう。


hタグの使い分け

今までの説明でhタグのメリットや主な用途、注意点を一通り理解していただけたと思います。
それでは次にhタグの使い分けに入りたいと思います。

h1~h6の使い分け

hタグは、主にサイトの見出しやタイトルに使われるということは先ほど伝えましたね。
このhタグはh1~h6まで使い分けることができるのですが、それぞれに適した用途があるんです。


h1タグの主な用途

まずは<h1>タグについてですがこのタグは主に、
サイトのタイトルや記事のタイトルに使われます。
例えば"家具販売"というタイトル("はタイトルではありません)を書くのであれば

<h1>家具販売</h1>

という風に書きます。注意すべきことは、
無料ブログサービスの場合HTMLタグ編集の状態に切り替えてから書くことと
<h1>と書いた後に、</h1>をつけ忘れないことです。
サイトを作りなれた人でも時々付け忘れることがあるので、しっかりと確認するようにしましょう。


h2タグの主な用途

h2タグは主にサイトや記事内の見出しに使われます。
使い方は先ほどのh1タグのように、

<h2>見出し</h2>

といった具合で使います。


h3~h6タグの主な用途

h3~h6タグは、主にh2タグの中の小見出しや重要部分に使われます。
h2タグほど大きな場面転換や内容の変化がないときに使いましょう。
使い方もh1,h2タグと同じく

<h3>小見出し</h3>
<h4>さらに小見出し</h4>
<h5>さらにさらに小見出し</h5>
<h6>さらにさらにさらに小見出し</h6>

といった具合です。
<h3>タグまでは使うこともありますがさすがに<h4>タグ以降は小さすぎるので、
使うことは、ほとんどないと考えて大丈夫です。


hタグを使うことによるメリット

これまで、hタグの種類とその用途や特徴、使い方などについて説明しましたが次は、
「普通に文字を大きくするよりもhタグを使って大きくすることのメリット」
について説明していきます。

SEO対策になる

hタグは、特にh1タグは、SEO対策において重要であるともいわれ、普通に文字を大きくするより、
hタグを使ったほうがサイトの順位は上がりやすく、SEO対策になるといわれています。


時間短縮になる

hタグは、文字の大きさがあらかじめ決まっていて、いちいち文字の大きさを調整する手間が省けます。


デザインをつけられる

hタグは、CSS(Cascading Style Sheets カスケーディング・スタイル・シート)や
HTMLのstyleタグを使用することで、簡単に色やデザインを変更することができます。



評価の高い見出しを作るための3つの要素

ここでいう「評価の高い」とは、「読者を惹きつける」、「検索エンジンから評価されやすい」
ということです。
それでは、評価の高い見出しの作り方について解説していきましょう。


数字を使った見出し

読者は、一つのことに長く時間を使いたいわけではありません。
そのため、「だいたい記事を読み終えるのに何分かかるのか」「この記事の要点はどこか」「読み終えるのが速いか」
ということに注意を向けながら記事を読む場合があります。
そういった読者を惹きつけるのが、数字です。

例えば、
「料理をおいしく作る5つの極意」や「絶対に見るべきテレビ番組3選」
のようなタイトル名です。このようにしてタイトル名に数字を入れて置くことで、
読者は記事を読み終えるまであとどれくらいかかるのかを理解して読むことができます。

また、数字を入れたタイトルや見出しには、洗練された雰囲気があるので人気が出やすく興味を引く
タイトル名、見出しとなります。


キーワードが頭文字にある見出し

キーワードが頭文字にある見出しだと、読者がサイトの目次や見出しを見たときに、そのサイトが自分の目的のサイトなのかどうかを判断しやすくなります。

また、キーワードを含んだサイトを読者は探しているので、
そのキーワードが見出しで最も目立つ位置である頭文字部分にあると、読者をひきつけやすくなります。
また、SEO対策にも効果アリです。


読者が気になる見出し

例えば、
「速く走れるようになるコツは実は意外なこれだった!」
という見出しがあれば読者は気になると思いませんか?

このように読者が興味をもつ見出しを作ることも、
読者を集め、サイトの順位を上げるために必要な要素の一つです。



まとめ

hタグは、見出しやタイトルに使われ、
SEO対策においても必要不可欠であるということがわかっていただけましたでしょうか?
また、見出しは読者とクローラーが必ず見る重要な要素なので、
しっかりと今回紹介した3つのことを意識して作りましょう。