「サイトの住所」とも呼ばれるURLですが、
実はURLも検索エンジンの評価対象になるんです。

評価の高いURL


評価の高いURLは、
そのサイトの内容をわかりやすく簡潔に表しているURLです。
例えば、


「パソコンの仕組み」について詳しく書いたサイトの良いURLの例は、
「http://structure-of-personal-computer.jp」
(パソコンの仕組み→→英語翻訳→→Structure of personal computer)


「おすすめの家電を紹介」といったサイトならば、
「http://recommended-Home-appliances-Introduction.jp」
(おすすめの家電を紹介→→英語翻訳→→Recommended Home Appliances Introduction)


といった具合です。

URLは「日本語」ではなく「英語」に翻訳された、
サイトと関連しているキーワードを書き入れるようにしましょう。

検索エンジンにとってもどんなサイトかがわかりやすくなり
またURLを見ただけでどんなサイトなのか訪問者も判断しやすくなるので一石二鳥です。


すでに作ってしまったサイトのURLを変えたい場合


すでに作ってしまったサイトのURLをページの評価もそのままに変更するには
「301リダイレクト」をしないといけなくなります。

「301リダイレクト」とは、
サイトのURLを、恒久的に、ページの評価やランクもそのままに別のURLへ引っ越しすることです。

301リダイレクトを行うには、まずメモ帳にこのような記述をします。



名前は「.htaccess」にして保存します。

使い方は例として、

古いサイト「http://old.blog.jp」から「http://new.blog.jp」のURLにサイトを引っ越したいときは、
古いサイト「http://old.blog.jp」に
「Redirect permanent / http://new.blog.jp」
をアップロードします。


この時にすべてのページがリダイレクトされますが、
リダイレクトされたページは、下の階層の名前を保持したページになります。


例えば「http://old.blog.jp/banana/forest.html」というページはリダイレクトするときに

元のドメインは「http://old.blog.jp/」から「http://new.blog.jp/」にリダイレクトされますが、

このページのURLは「http://new-url.blog.jp/banana/forest.html」となります。

つまり、ドメインのみが変更されて/以降のURLはそのままということです。

ですので、特定のURLを他のページ(すでに作ってある他のURL)にリダイレクトさせたい場合、
下のような記述をメモ帳にしてください。





これらが、301リダイレクトの方法です。
古いほうのサイトを消してしまったり、
サイトの記事を引っ越しするのを忘れて
評価を下げないように注意しましょう。

それと、301リダイレクトを「Google Search Console」にも伝え忘れないように注意しましょう。
SearchConsoleのプロパティ画面の歯車マークの「アドレス変更」から報告できます。



まとめ


  • URLは、サイトの関連キーワードを入れる

  • URLを変えるときは301リダイレクトを忘れずに行う



モッピーお友達紹介キャンペーン

今なら最大1300円分のポイントプレゼント!!