目次
  1. GoogleSearchConsoleとは
  2. GoogleSearchConsoleでサイトを検索結果に表示させる方法と仕組み
  3. GoogleSearchConsoleの活用方法


GoogleSearchConsoleとは


GoogleSearchConsoleトップ


GoogleSearchConsole(グーグルサーチコンソール)とは
Googleが作った、「サイトの質の向上や制作を補助するためのツール」です。
このGoogleSearchConsoleはサイトを検索エンジンに伝え、検索結果に表示させる機能も持つので、
サイトを作る上で必要不可欠なツールといっても過言ではありません。

他にもこのツールには
自分のサイトの表示回数や平均掲載順位、どんなキーワードで表示されたかなどがわかる
「検索アナリティクス」
今の自分のサイトのページ数がわかる
「インデックスステータス」
などといった機能が備わっていて非常に便利なツールです。

GoogleSearchConsoleの使用は無料です。
ですが、Googleアカウントが必要なのでしっかりと準備をしておきましょう。

Googleアカウントの作成(外部サイトに移動します。)


GoogleSearchConsoleでサイトを検索結果に表示させる方法と仕組み

まずは仕組みのほうから説明します。

GoogleSearchConsoleは、検索エンジンにサイトの存在をただ知らせるというわけではありません。
まずはサイトをクローラーと呼ばれるロボットにクロール(巡回)を依頼します。
最も有名なクローラーはGooglebotと呼ばれるクローラーですが他にも様々な種類のクローラーがあります。

そのクローラーがサイトをクロールするわけなのですがこの時クローラーは、
「サイトの読み込み時間は早いのか」「記事の質はよいのか」「サイトのテーマやキーワードに関係のないものはないか」
など、サイトの様々な情報を調べます。
この時注意してほしいのが、クローラーは画像を理解できないということです。

クローラーは、基本的に文章しか理解をすることができないので、
画像の意味やそのなかにある文字は読み込めないということです。
詳しいことは”サイトの順位を上げる(seo 対策)「画像の使い方」”という記事に書かれているのでそちらをご覧ください。
そして、クローラーがクロールしたサイトは、クローラーの出した評価に基づいてGoogleにインデックス登録(検索結果に表示)されます。

それでは、GoogleSearchConsoleでサイトを検索結果に表示させる方法を画像とともに紹介します。
新バージョンでの登録方法は後ろのほうに載せておきます。


1.GoogleSearchConsoleにアクセスする

検索画面google search console





2.サイトのプロパティ登録をする

google search console登録画面


サイトを表示したときにブラウザ画面の上部分に表示されるhttp://www.~~~.co.jpといった文字列がURLです。
サイトのURLを、入力フォームに「http://~~~(https://~~~)」といった具合で記入しましょう

サイトをGoogleSearchConsoleに登録




3.適当な方法でサイトの所有権をGoogleSearchConsoleに伝える

GoogleSearchConsoleサイト所有権確認画面


おすすめはHTMLファイルをアップロードする方法ですが、無理な場合もあるのでその場合は
GoogleAnalyticsのトラッキングコードを使用することをおすすめします。
プロパティ登録できない場合は、メッセージやメールを受け付けているのでそこから質問してください。
(中にはGoogleSearchConsoleにサイトを登録できないブログサービスもあるので、その場合はほかのブログサービスにサイトを引っ越すことも考えてみてよいと思います。)


4.検索結果に表示させるサイトのプロパティを選択する

google search consoleサイト選択画面

このような画面で表示されているURLの部分をクリックしましょう。


5.左のメニューの「クロール」をクリックして「Fetch as Google」へ移動

Fetch as Googleを選ぼう


6.入力フォームにURLを入力して「取得」ボタンをクリックし、
 「インデックス登録をリクエスト」をクリック

google search consoleインデックス登録画面


「インデックス登録をリクエスト」をクリック後にこのような画面が表示されるかと思います。

GoogleSearchConsole 送信方法の選択

このときに表示される「このURL~~」とは、クロールする方法のことを指します。
上の、「このURLのみをクロールする」とは
「先ほど取得ボタンを押したときのURLのページ内しかクロール(巡回)しませんよ。」
ということです。

下の「このURLと直接リンクをクロールする」とは
「先ほど取得ボタンを押したときのURLのページ+そのページにあるURL(サイト内のもの)も一緒にクロールしますよ」
ということです。

つまり、クロールの効率が良いのは「このURLと直接リンクをクロールする」ということです。
ただ、注意点があります。実は、クロールができる回数は制限があり、
「このURLのみをクロールする」が1日10件までで、
「このURLと直接リンクをクロールする」が1日2件まで
とのことです。この点に注意してクロールを行いましょう。
それと、サイトはクロールを依頼してもすぐには検索結果に表示されません。
表示されるまで気長に待ちましょう。


新バージョンでの方法

最近、GoogleSearchConsoleの新バージョンが開発されたのでそちらでの登録方法も載せておきましょう。

1.アクセスして、左上の部分をクリック

new GoogleSearchConsoleトップ画面


2.「プロパティを追加」をクリック


プロパティを追加 new GoogleSearchConsole


3.入力フォームにサイトのURLを入力し、「続行」をクリック


入力フォームにサイトのURLを入力 new GoogleSearchConsole


URLとはサイトを表示したときにブラウザ画面の上部分に表示されるhttp://www.~~~.co.jpといった文字列のことです。
追加したいサイトのURLをこの部分に入力しましょう。


4.所有権を確認する


所有権の確認画面 new GoogleSearchConsole


おすすめはHTMLファイルをアップロードする方法ですが、無理な場合もあるのでその場合は
GoogleAnalyticsのトラッキングコードを使用することをおすすめします。
プロパティ登録できない場合は、メッセージやメールを受け付けているのでそこから質問してください。
(中にはGoogleSearchConsoleにサイトを登録できないブログサービスもあるので、その場合はほかのブログサービスにサイトを引っ越すことも考えてみてよいと思います。)

注意!
このとき「確認」をクリックしないと登録できません。「完了」を間違って押さないようにしましょう。もし押してしまった場合は、1の時と同じくして、左上の部分をクリックすれば出てくるはずなので、そこから「プロパティを追加」をクリックせずに表示されたプロパティの中にある「未確認のプロパティ」と書かれたURLをクリックし、そこから「確認」をクリックして認証するようにしましょう。


5.クロールさせたいサイトのURLを上部分の入力フォームに入力


インデックス登録URL入力 new GoogleSearchConsole


入力したらEnterキーを押しましょう


6.「インデックス登録をリクエスト」をクリック


「インデックス登録」をクリック new GoogleSearchConsole



これでインデックス登録は完了となります。




GoogleSearchConsoleの活用方法

先ほどサイトのインデックス登録を申請しましたが、GoogleSearchConsoleが持つ機能はそれだけではありません。
まだまだこのツールには、インデックス登録を申請する以外にも便利な機能がいろいろあります。
それでは、このツールが持つ便利な機能について紹介していきます。

1.検索アナリティスク機能


GoogleSearchConsole 検索アナリティスク機能

この機能は、サイトの表示された回数と平均掲載順位、クリックされた回数、平均CTR率(ページの表示回数÷クリック回数)が一目でみられる機能です。他にも検索したデバイス、どんなキーワードで表示されたかなどもわかります。
この機能を活用すれば、
サイトの順位の推移やどんな記事が人気で、どの記事の順位が最も高いのか
などなど様々なことがわかります。

「そんなことがわかって何になるの?」とお思いの方もいるかもしれません。
そんなことはありません。こういったデータから、
「どの記事の順位が低いのか」「今どんな記事の需要があるのか」「人気の記事はなぜ人気なのか」
などといったデータを分析して
すでに作ってしまったサイトをもう一度作り直したり、記事を改善することができます。
こうして、すでに作ってしまった記事を改善して更新しなおすことも
新しいサイト訪問者や、サイト全体の評価アップにもつながります。


2.サイトマップ機能


GoogleSearchConsole サイトマップ機能

サイトマップ機能は、クローラーにどんなサイトがどのように在るかを伝え、サイトの評価を上げることができます。
サイトマップについての詳しい記事は「サイトの掲載順位を上げる(seo 対策)「サイトマップ」
に書いてあるのでそちらをご覧ください。


3.Googleインデックス


GoogleSearchConsole Googleインデックス

Googleインデックスは自分のサイトでインデックス登録されたページ数を知ることができます。
ページ数は多いほうがサイト全体の評価は上がりやすくなるので、これを使って今のところどれくらいのページがあるのかを知り、明確なサイトの目標を立てるようにしましょう。


4.robots.txtテスター


GoogleSearchConsole robots.txtテスター

このツールは、サイトの不要なページのインデックス登録をさせないようにすることができます。
見られたくないページや未完成のページをインデックスさせないようにしたりできるのですが、
そういった場合はmetaタグで対処する方法やほかの対処方法もあるので、あまり使う機会はないと考えていいでしょう。

でも、念のために使い方について詳しく書かれているサイトを紹介しておきます。
robots.txtテスターの詳しい使い方→https://ferret-plus.com/1354



まとめ

GoogleSearchConsoleはサイトを検索エンジンに伝え、検索結果に表示させる以外にも
いろいろなことができる便利なツールということがわかっていただけましたでしょうか。
この記事でわからなかったことや間違っていることがありましたら、ぜひメッセージやコメントでお伝えください。
質問や感想も常時受け付けています。どんどん送ってください。


サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ モッピー!お金がたまるポイントサイト